請求までの流れ

裁判B型肝炎の給付金を受け取るためには訴訟をしなければいけません。その際にはまず医療記録をはじめとして必要書類を揃えなければいけません。必要な書類については弁護士が教えてくれるでしょう。そして国家賠償請求訴訟を提訴します。そのあとに和解にいたり、最終的には支払基金に対する請求をして支払いを受けることができます。このような流れで給付金請求が行われます。

国を被告として訴訟を提訴することになるのですが、そのためには要件を満たしていることが条件となります。そのため、必要な証拠を集めなければいけません。そして裁判所が仲介をして和解協議をします。その際には追加称呼を要求されることもあります。その際には必要な証拠を提出しなければいけません。救済要件を満たしていることが確認されたならば、和解調書を取り交わすことになります。

社会保険診療報酬支払基金というものがあり、そこから給付金が支払われることになっています。それぞれの状況によって支払われる給付金は異なっています。法律によって厳密に定められています。これらの請求については弁護士にサポートをしてもらうことが普通です。法律によって期限があるため、平成34年1月12日までに請求しなければいけません

About the author

2018年9月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930