作者別: 運営者

弁護士に相談する

B型肝炎の給付金請求は弁護士に依頼しましょう。訴訟をするということは専門的な知識が要求されます。さまざまな書類を集めたり、手続きをするためにはかなりの労力がかかります。間違いがあればきちんと給付金を受け取れなくなるかもしれません。弁護士に依頼をすることによって、代理人として行動してもらうことができます。正しい手続きをしてもらうことができて、しっかりと給付金を得ることができるでしょう。

裁判所弁護士に相談をする際にはB型肝炎の給付金について実績のあるところを選びましょう。これまでにかなりの数の相談実績のある法律事務所があります。そのようなところの弁護士ならば、しっかりと対応してくれるでしょう。相談は無料で行ってくれるところが多いです。医療機関とも連携している法律事務所があります。充実した体制によってサポートしてくれるのです。最短期間で書類収集を行い、効率的に手続きを進めてくれます。

弁護士を利用する場合、最後には成功報酬として給付金の一部を支払うことになります。そのため、自分で提訴をするという方もいるのですが、それはデメリットが大きいです。弁護士に頼めば確実に提訴を成功させることができるでしょう。もちろん、要件を満たしていることが大切です。その点についても弁護士が確認してくれるでしょう。

▽関連情報▽弁護士法人アディーレ法律事務所
(B型肝炎給付金について相談できる法律事務所です)

請求までの流れ

裁判B型肝炎の給付金を受け取るためには訴訟をしなければいけません。その際にはまず医療記録をはじめとして必要書類を揃えなければいけません。必要な書類については弁護士が教えてくれるでしょう。そして国家賠償請求訴訟を提訴します。そのあとに和解にいたり、最終的には支払基金に対する請求をして支払いを受けることができます。このような流れで給付金請求が行われます。

国を被告として訴訟を提訴することになるのですが、そのためには要件を満たしていることが条件となります。そのため、必要な証拠を集めなければいけません。そして裁判所が仲介をして和解協議をします。その際には追加称呼を要求されることもあります。その際には必要な証拠を提出しなければいけません。救済要件を満たしていることが確認されたならば、和解調書を取り交わすことになります。

社会保険診療報酬支払基金というものがあり、そこから給付金が支払われることになっています。それぞれの状況によって支払われる給付金は異なっています。法律によって厳密に定められています。これらの請求については弁護士にサポートをしてもらうことが普通です。法律によって期限があるため、平成34年1月12日までに請求しなければいけません

B型肝炎の給付金請求

注射器B型肝炎は過去に多くの感染者を日本で出しました。その原因は国に責任があります。集団予防接種を多くの子供達が受けているのですが、その際に注射器を使いまわしていたことが判明したのです。これによってB型肝炎の感染者を増やしました。このような状況が何十年も続けられていたのです。今ではこのようなことはなく、新しい感染者は激減しています。

過去にB型肝炎に感染してしまった方の中には今でもキャリアとなっている人がたくさんいます。感染者が日本には100万人以上いるとされているのです。また、B型肝炎というのは母子感染する病気のため、これによって感染者はさらに増えることになりました。母子感染したとしても、すぐに命の危険にさらされるわけじゃないのですが、大人になってから強い症状が出てしまうこともあります。

このようなB型肝炎ウイルスの被害というのは国の不手際によって起きたものであるため、被害者による集団訴訟が行われました。この結果として国は給付金を支給するための法律を制定したのです。そのため、要件を満たしている方は訴訟をすることによって、給付金を受け取ることができます。時には1千万円を超えるような給付金を受けられるケースもあります。

こちらではB型肝炎の給付金請求について説明しています。弁護士に相談をすることを特におすすめします。B型肝炎の給付金請求について気になる方は参考にしてください。どのような流れで請求が行われるのか、弁護士に依頼するメリットについても紹介します。

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31