B型肝炎の給付金請求

注射器B型肝炎は過去に多くの感染者を日本で出しました。その原因は国に責任があります。集団予防接種を多くの子供達が受けているのですが、その際に注射器を使いまわしていたことが判明したのです。これによってB型肝炎の感染者を増やしました。このような状況が何十年も続けられていたのです。今ではこのようなことはなく、新しい感染者は激減しています。

過去にB型肝炎に感染してしまった方の中には今でもキャリアとなっている人がたくさんいます。感染者が日本には100万人以上いるとされているのです。また、B型肝炎というのは母子感染する病気のため、これによって感染者はさらに増えることになりました。母子感染したとしても、すぐに命の危険にさらされるわけじゃないのですが、大人になってから強い症状が出てしまうこともあります。

このようなB型肝炎ウイルスの被害というのは国の不手際によって起きたものであるため、被害者による集団訴訟が行われました。この結果として国は給付金を支給するための法律を制定したのです。そのため、要件を満たしている方は訴訟をすることによって、給付金を受け取ることができます。時には1千万円を超えるような給付金を受けられるケースもあります。

こちらではB型肝炎の給付金請求について説明しています。弁護士に相談をすることを特におすすめします。B型肝炎の給付金請求について気になる方は参考にしてください。どのような流れで請求が行われるのか、弁護士に依頼するメリットについても紹介します。

About the author

2018年9月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930